火災保険について

太陽光のお話が長くなりました(汗)
なんせ、太陽電池にはかなり頭を悩ませたので、ついつい熱く語ってしまいました。

今回からは火災保険のお話をしようと思います。

私は日本興亜損保で契約しました。

なぜ、私は日本興亜損保にしたのか。

次回以降でその経緯を紹介するとともに、一緒に火災保険についてのお話もしていきたいと思います。



ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

ソーラーフロンティアの実際の発電量の紹介

結局、我が家はソーラーフロンティアで3.15kw設置しました。
90Wを35枚です。

それで、実際の発電量をブログに記録しているので、そのブログをご紹介します。

そのブログは、ソーラーフロンティア太陽光発電実績簿(CISキセキ発電所)というブログです。

CISキセキ発電所という名前で、ソーラークリニックにも登録しているので、良かったら参考にしてください。

ソーラークリニックも参考になるサイトなので、太陽電池設置の際には参考にされると良いと思いますよ。



ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

ソーラーフロンティアの太陽電池を設置してみた感想

あまり影の影響は感じられません。
ソーラークリニックでシュミレーションした発電量以上の発電をしています。
同じ市内の他の方と比べると、同じかそれ以上の発電をしています。
そう考えるとCISの強みが発揮されているのかもしれません。
しかし、逆に電柱の影の影響はないと考えれば、パナソニックにしておけば良かったかなぁと考えないではないです。
まぁこればっかりは設置してみないと分からないことなので、いまさら考えても仕方ないのですが・・・

それでもソーラーフロンティアの利点も感じることができました。

それは、積雪した雪が早くきれいに落ちることです。
私の家の北隣、西隣にも太陽電池を載せているお家があるのですが、我が家の屋根に雪はなくても、隣のお家には雪が残っています。
さらには、パネルからきれいに雪が落ちて、途中でとどまってしまうようなこともありません。
隣のお家では、途中で雪が残ってしまっています。
その分、他のパネルより発電効率が少し上がるかもしれません。

ただ、きれいに落ちる分、雪が一気に下に落ちてくる(もちろん積雪量によるとは思います)ので、その点は注意が必要です。



ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

減価償却

和上(株)で契約したわけですが、以前に説明に来てくれたJ(株)のシュミレーションに当てはめて、償却できる年数を計算してみたいと思います。

年間予想発電量は3,902kwでした。

発電した電気(3,902kw)のうち
20%を自家消費、80%を売電として計算すると
①自家消費分 → 3,902×0.2×28円=21.851円
②売 電 分 → 4,118×0.8×42円=131,107円
合計(①+②)152,958円

なお、①の28円という単価は、昼間のデイタイム単価とホームタイム単価の単価が違うことから、中間くらいの数字で28円としています

自家消費分の割合による年間予想メリットと償却年数

①自家消費分10%(売電90%)だと年間158,421円のメリット 7.45年で償却
②自家消費分15%(売電80%)だと年間155,690円のメリット 7.58年で償却
③自家消費分20%(売電80%)だと年間152,958円のメリット 7.72年で償却
④自家消費分25%(売電75%)だと年間150,227円のメリット 7.86年で償却

いずれの計算でも8年かからずに償却できる計算です。

残りの2年で30万くらい貯金ができる計算ですね。
そのように上手く言ってくれると良いですね。

その先の売電額がどうなるか未定なのでなんともいえないのですが、貯金できたお金で蓄電器か電気自動車(あるいはプラグインハイブリッドも良いかも)を購入しようかなぁとか考え中です。
まだ先の話しすぎて、考えるのは早い気もしますが。。
売電価格は高いようなら、そのまま売電を続けるほうがお得ですけどね。
楽しみは広がります。



ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

支払いは後払いで!!

支払いは必ず工事完了後にしてもらうようにしましょう。
事前に支払ってくださいという会社は怪しいと思ってください。
お金だけもらってドロンってこともあるし、いい加減な工事をして、お金もらった知らんぷりなんてこともあるようですので。
事前に払ってもらえれば大幅に割引しますとか、甘い誘惑もあると思いますが、避けたほうが無難です。

工事の進捗状況に応じて、何割か払ってくださいというならまだ良いとは思いますが、資金力がない証なので、少し不安です。
後払いにしてもらいましょう。


さて、私の場合も全額後払い。

さらに、前回のブログのようなこともあり、不安もあったため、しっかりと発電されているのを確認してから支払いました。

和上(株)からは、設置工事完了後1週間くらいで請求書が届きました。
その数日後に電話がかかってきて、まだ入金されないがお金を払ってくれとのこと。
工事完了の翌日にお金を払ってもらうルールになっていますといわれました。
そんな話は契約のときに聞いてません。

すぐにお金を用意しろといわれても、用意できないので3日くらい待って欲しいと伝えました。
しかし、しっかりと発電したことを確認してないのにお金なんて払えないと考え直し、連係立会い後、発電・売電を確認した後に支払うことにしました。
和上(株)には、○○日に支払いますとだけメールをしておきました。

しっかりと発電(瞬間で3kw以上発電)したのを確認し、支払いました。



ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

手続きは抜かりなく

当初、連携立会いは2月の予定でした。
しかし、太陽光とくとくショップ和上住電(株)から電話が来て、急遽1月31日に変更したいとの電話が。
急にどうしたのかと思ったら、補助金の関係で1月31日までに連係立会いを行わないといけないとのこと。

そういえば、補助金の決定通知に、1月31日までって記載してあったわ。
その日のことを太陽光とくとくショップ和上住電(株)は忘れていたみたいで、2月で最初日程を組んだらしい。
とりあえず、最悪の事態は回避できたから良かったけど、やっぱり当初の感触どおりあまり対応が良いとはいえない。
営業と事務方との連係がいまいちのようです。

その後も、完了申請もこちらから連絡するまで連絡がなく、痺れを切らしてこちらから電話したら完了申請までの日付もないので、急いで書類を送って欲しいとか。
しかも、取り寄せをお願いされた取付工事店からもらう書類も、取付工事店に確認すると、もうだいぶ前に太陽光とくとくショップ和上住電(株)へ送ったとか。
その旨を太陽光とくとくショップ和上住電(株)に伝え確認してもらったら、届いていたとのこと。


そういえば、今思い出しましたが、太陽光とくとくショップ和上住電(株)へ最初見積りをお願いしたときは、ソーラーフロンティアは積雪量の関係から我が家の地域には設置できないって言ってました。
150センチも積もるって言うから、そんなに積もったことはない。
おかしい、何か間違えているんじゃないかって伝えたんだけど、それでもメーカーがダメって言ってるとかで。。
それからしばらくして、3.325kw(95W×35枚)でお願いしたときは、何も言わずに見積りが出てきた。

いったいあの話は何だったのだろうとか・・・

他にも色々あって、まぁお粗末なことです。

取付がちゃんと上手く言っているのか、ちゃんと雪国用のものを使ってくれているのか・・・
とか色々不安になります。



ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

価格交渉

以前にもらった3.15kwの見積りは、kw当たりの単価で計算すると、95wタイプのときよりも単価が上がっていました。
性能は下がるのに、単価が上がるのは納得できなかったので、その旨を伝えました。
販売店からはモジュールでの単価自体は90wタイプでも95wタイプでも大差はなく、作業工賃とかも同じになので、容量が小さくなるとその分単価が上がってしまうとの説明でした。
しかし、メーカーの都合でこれだけ振り回されているのだから、もう少し何とかならないかと伝え、メーカーと交渉してもらうことに。

交渉の甲斐あって、なんとか総額から5万円値引きになりました。
kw当たり単価は42万強となりました。



ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売





決断!!

本当に迷いに迷いました(設置が終わった今でも、自分の選択が正しかったのか自信がありませ)が、
ソーラーフロンティアにしました。

理由は次のとおりです。
やはり損はしたくない思いが強かったこと、
欲を出すとろくなことにならないこと、
浮いた分の100万円をうまく運用し、差額を取り戻せば良い

と考えたからです。
というよりも、こういう理由をつけて、何とか自分の正当性を保った、自分を納得させたというほうが正しいかもしれません。

どちらにしても、ソーラーフロンティア(3.15kw)に決定しました。



ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

2者択一で大いに悩む

さて、95wはあきらめした。
もうこれ以上待てないためです。
もう時間が無いので、

①ソーラーフロンティアの3.15kw(90w×35枚)
②パナソニックの4.6kw(230W×20枚)

のどちらかを選択しなければなりません。

これには大いに迷いました。
kwあたりの金額の差は8万程度。
総額にすると、100万円くらい差が出てしまうためです。
捕縄金を考慮すれば、総額での差はもう少し縮まりますが。。


性能で言えば、断然パナソニックです。

電柱がなければ、100%パナソニックを選びます。
しかし、電柱による影という要素がどうしても頭の中をよぎります。
高いお金を投資して、影のために思うように発電しなかったら・・・
さらには、それがために故障してしまったら・・・
なんてことが頭をよぎるわけです。

それでも、性能は群を抜いている。
普通に発電すれば、十分に投資金額は10年間で回収できるだろう。
そうすれば、投資した金額を回収した後のことを考えれば、発電能力の高く容量もたくさん載せられるパナソニックのほうがメリットがでかくなる。

その点、ソーラーフロンティアはkw当たりの単価が安く、総額では100万円(補助金を考えても90万円)近く安い。
しかも影には強い。
うまく発電できなかったり、故障したりしても、初期投資が小さいので、リスクは低い。
しかし、最大でも3.15kwしか載せられないというのが最大の欠点。

年数を追えば追うほど、パナソニックを設置した場合との差が開いていくことになる。
おそらく、年間で10万円程度変わってくるのではないかと思う。
だから、売電のある10年間でパナソニックとの差額の100万は埋められてしまう。
となると、10年以後は、パナソニックを設置していたほうがどんどんお得になっていくということである。

モジュールの寿命が20年だとすれば、100万。
半永久的だとすれば、80歳まで生きたとして400万近くも差ができてしまいます。

しかし、この前提は売電価格が42円の場合。
21円なら、200万。10円なら、100万の違いです。
ただ、おそらく10年後には電気自動車やら蓄電装置がもっと普及するだろうから、その分ためて使うことを考えると、計算する上では、21円換算くらいが妥当なのかなぁと思います。
ですから、200万円の差ですね。

ただ、これもすべて、うまく発電したらの話だというところがミソ。
この不安要素が最後まで付きまとうわけです。

堂々巡りをして、なかなか結論が出せませんでした。。。
なんせ、実際どの程度発電するかどうかは設置するまでわからないわけですから。。。



ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

返答期限迫る

もうこれ以上待てない期限まで、もうわずかとなってきました。
ただ、販売店・メーカーの反応を見ると、95wは期待できなそうなので、和上(株)に3.15kwの場合の見積りをお願いしました。
150wを21枚のパターンと、90wを35枚のパターンで見積りをいただきました。

どちらも、95wの場合とそんなに大差ない金額。
つまりキロワット当たり42万くらいでした。


ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

次点候補決定

ソーラーフロンティアの次点は、パナソニックと決めました。
価格は高いものの、その高い発電量は大変魅力的でした。
価格差以上に発電能力が高いので、価格が若干高くても気になりません。
パナソニックは、1kw当たり50万円くらいでした。


ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売
スポンサー
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

サンライズキセキ

Author:サンライズキセキ
建売で家を建てたものです。
管理人に連絡されたい方はこちらまで。
kayokanakayo@yahoo.co.jp

最新トラックバック
私の住宅購入体験記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR