ソーラーパートナーズで見積もりをしてその後

ソーラーパートナーズに見積もり依頼をすると翌日には3~4社から電話が入りました。
まだ家は建っておらず建築中だったので、現地調査は出来なので図面を送って見積もりしてもらいました。

とりあえず、三菱で見積もりを依頼しました。

見積書が届くまでの間に、インターネットで、「太陽光 安い」とか「太陽光 激安」とかで検索をしてみると、2つのサイトが目に止まりました。

その2つのサイトは、あんしん太陽光「エコの輪」太陽光発電とくとくショップへ です。

とりあえず、三菱に加えてコストパフォーマンスが良さそうなカナディアンソーラーの見積もりをお願いしました。


ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

太陽光メーカー選びの参考になるサイトの紹介

太陽光の検討を始める際には、まず「ソーラーパートナーズ」というサイトに目を通しておくといいと思います。
ここでは、いろんなことが学べるので、ぜひ参考にして欲しいと思います。
http://www.solar-partners.jp/
しかもここで見積もりを依頼すると、地元の業者から見積もりが届きます。
自分で、地元の業者を探すのは大変なので、そういう場合に利用するのもいいと思います。
やはり値段が安いのもいいけど地元の業者が安心だという人にとっては、うってつけですね。


ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

住宅ローン(完結編)

最後に、フラット35Sで人気の借入れ金融機関は、SBIモーゲージか楽天銀行になると思います。
この二つが、1番金利が安いためだと思います。


私は家を建てている不動産屋がSBIとつながりがあったので、当初はSBIで考えていました。
SBIは金利が安く、しかも店舗を構えているので手続きが安心です。
おまけに、火災保険が2割引になります(ただし、AIU限定です)。

融資手続きもスピーディーだし、実際店舗に行って教えてもらいながら書類を書をかけますし、必要書類のそろえ方まで説明してくるので、非常に安心感がありました。
しかも、私の場合は、不動産屋とツーカーの仲だったので、必要な書類は不動産屋とSBIでほとんど用意してくれるので、私が用意するのは印鑑証明とか住民票とか自分でしか取れないものを用意するくらいでした。


それでも私は楽天銀行で借りました。


それは融資手数料が安いからです。
楽天銀行では、融資手数料が1.05%(ただし一定の条件があります)なのに対し、SBIは2.1%で2倍になります。
この差は大きいです。
3,000万円借りたら、30万円以上差が出るわけですよ。

ただし、SBIの火災保険が2割引というのが大変魅力があります。
私はAIU以外の保険に入りたかったので、上記の理由から楽天銀行にしましたが、火災保険はAIUが良いって言う人は、SBIもいいかもしれません。

また、楽天銀行は手続きが非常に煩雑です。
しかも、時間がものすごくかかります。
融資実行日から2ヶ月くらい余裕を持って手続きをしたほうがいいと思います。


どちらかの銀行で迷っている場合には、とりあえず両方の銀行に仮申し込みはしておいて損はありません。
本申し込みは1つの銀行しかできませんが、仮申し込みは、いくつの銀行でもできるので。
仮審査を受けておけば、融資してもらえるかどうかもだいたい検討がつきますからね。


最後に、最近、楽天銀行でフラット35と変動金利を組み合わせた商品が発売されました。
これはフラット35のうまみと変動金利のうまみを融合させた商品かもしれません。
大変魅力的な商品に聞こえますね。
私はすでにローンを組んでしまったので、詳しいことを調べる気力がないですが・・・(汗)
これから借りる人にとっては、また一つ悩みの種が増えちゃいましたね。

長くなりましたが、住宅ローンについての話は以上です。
最後まで読んでくださって、ありがとうございました。


ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

住宅ローン(その4)

前回は、変動金利にしなかった理由をお話しました、今回は固定金利にした理由をお話します。


まずは、なんと言っても安心感です。
金利はずっと一定なので、月々の返済額も決まっているし、返済総額も決まっていて、大変分かりやすくて安心です。


2つ目は金利が安いことです。
変動金利と比べてしまうと確かに高い金利ですが、歴史的に見れば現在は超低金利時代。
この超低金利の時に金利を固定できるのは得だと考えました。


3つ目は、フラット35Sの制度です。
住宅が一定の基準を満たせば、10年間1%金利が下がるこの制度。
この制度を利用し、返済期間を20年のもので借入れすれば、10年間は変動金利と遜色ない金利を実現することができるからです。


最後に、銀行にもリスクをとらせたかったからです。
変動金利は、市場の金利に応じて、ローン金利を上下させるので、借り手は金利上昇のリスクを負うことになりますが、銀行はノーリスクです。銀行が損をすることは100%ありません。
これは面白くないと思いました。
固定金利であれば、金利があがらなければ、借り手は損をして、銀行は得をします。
しかし、金利が上がれば銀行側にとっては損になり、借り手にとっては得になる(ただ銀行は多少は金利が上がってもいいように金利を設定してはあるとは思いますが)。
だから、お互いにリスクを抱える固定金利のほうがフェアかなぁと思ったことです。

最後の理由は少し偏屈ですが、これが私が固定金利を選んだ理由です。



ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

住宅ローン(その3)

さて、私が固定金利にいたるまでの思考プロセスをご紹介します。
というよりも変動金利にしなかった理由をお話します。

その際たる理由が、変動金利という仕組みは少し複雑で、管理が難しいからです。

銀行の人は、ローン金利は半年毎にしか見直さないし、仮に金利が上がっても、返済額が変わるのは5年後だとか、一気に金利が急上昇しても返済が困らないように、月々の返済額は、これまでの返済額の125%が上限となっています、という説明をし安心させます。
借り手にとっては、返済を滞らせることになってしまうことが一番恐ろしいですからね。
そういうリスクが軽減されてますよって銀行員は説明するわけです。
確かに、こう話されれば、返済が滞ることもなさそうだし金利は安いのだから変動金利にしようってなりますよね。
それが普通だと思います。

しかし、こう説明されると、大きな誤解を生む恐れがあります。
それは、5年間は返済額が据え置きなので、月々の返済額が見直されるまでは返済総額は変わらないとか、125%が上限だから、それを超えた分は返さなくても良いというように誤解をする人も居るんじゃないかなぁと心配になります。

実際は、金利が上がってから5年間は月々の返済額が変わらないけど、返済総額増えます
また、月々の返済額が125%を超えてしまった分についても、当然返さなければなりません。
ですから、125%を越えた部分については、借入れ期間(35年)を過ぎても、まだ借金が残っているという可能性があります。
しかも、借入れ期間を経過したところで、全額一気に返済してもらうことになりますと説明する銀行もありました。
もちろん、返済期間を延ばすということも可能な銀行もあるみたいです。

さらにややこしいのが、金利は変わるのに5年間は返済額が変わらないので、同じ返済額であっても、元金部分の返済額と利息部分の返済額は、半年毎に変化していくことになるので、いったい自分はあといくら借金している(借金の元金部分はいくらになった)のか管理するのが非常に面倒だと思いました。

今日はここまで。
続きはまた次回へ。


ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

住宅ローン(その2)

昨日は、金融機関をどこにするかというお話をしました。
ネット銀行で安いところ言えば、代表的なところは「住信SBIネット銀行」「新生銀行」「楽天銀行」あたりだと思います。

さて、本日は借入れ方法についてのお話です。
それは、大きく分けて2つです。
固定金利にするか変動金利にするかです。

両方を取り入れて、借り始めから一定期間は固定金利、その期間経過後は変動金利というものもありますが、今の超低金利時代を考えると、借り始めから一部の期間だけ固定というのは、選択しにくいかなと思います。

それで、固定か変動どちらにするかで、私もとことん迷いました。
今の金利だけを考えれば、変動金利が断然お得です。
なんせ金利が1%きってますからね。
しかも、今の日本の経済状態を考えると金利が上がるとは考えずらい状況なので、なおさら変動金利がお得だと思いました。
事実、現在住宅ローンを組まれる方の多くは変動金利を選択されるようです。



しかし最終的に私は固定金利を選択しました。

その結論に至るまでのプロセスはまた次回以降で。


ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

住宅ローン(その1)

今回はお金の話。
家を買うにはお金が足りないので、どうしても住宅ローンを組む必要があります。
そうなると利息を支払わなければなりません。
当然、利息はできるだけ少なくしたい。

私も色々な方法を検討しました。

まずは、どの金融機関から借りるかです。

住宅ローンというのは色々手続きがややこしいです。
カードローンみたいに簡単だといいのですが、住宅ローンの場合は、建物の立つタイミングやら業者とのやり取りやらがあり、なかなかに面倒です。
しかも、慣習がしっかりと根付いているので、業界の関係者でない我々素人は非常に困惑します。
そういうこともあって、やはり地元の金融機関が好まれるのかなぁと思います。

しかし、やはりネット銀行のほうがトータルコストは安くなるケースが多いです。

まずは金利。
これはネット銀行のほうが安い。

融資手数料
これは、ネット銀行よりも地元の金融機関のほうが安いケースが多いかもしれません。
地元の銀行は定額で○万というところが多いですが、ネット銀行は借入れ金額の○%というところが多いので、案外手数料がかかってしまうことが多いです。

保証料
これはネット銀行では無料のところが多いです。
さらにネット銀行だと、団信保険が無料だったり、さらに失業補償も付いているなんてところもあります。

やはりトータルコストではネット銀行に軍配があがると思います。

ただ、地元の金融機関だと普段からの付き合いが長ければ、店頭表示とはまた違った条件を引き出せる事もあるので、地元に金融機関でお話をしておいて損はないと思います。



ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

蓄熱暖房機とエアコンとの比較

蓄熱暖房機の電気代について考えたいと思います。

蓄熱暖房機は夜間の安い電力を使います。
夜間11時から7時の8時間かけてレンガを暖めるとします。
夜間の電気代が昼間の電気代の半額以下なので、日中4時間以上エアコンをつければ、蓄熱暖房機のほうが電気代は安く済むと考えました。

実際、我が家でも使っていますが、若干大きめの蓄熱暖房機を入れたので、8時間もかけて暖めることはなく、実際はもっとかなり少ない時間ですんでいます。

さらに、エコキューともそうですが、マイコン機能がついていると、マイコン割引が適用されます。
蓄熱暖房機の大きさによって割引は変わってきますが、エコキュートとあわせれば、1,000円以上の割引になります。
我が家の場合には、月1,600円以上割引になります。

この割引は、蓄熱暖房機を使わない時期でも割引されます。
夏場などはブレーカーを落としてしまうので、電気代は1銭もかかりませんが、それでも割引されるということです。
ですから、年間、蓄熱暖房機分だけでも1.5万円ちかく割引になります。


もちろんデメリットもあります。
まずは、かなり場所を取ります。
重量が相当あるので、床補強も必要です。
したがって、移動も難しいです。
導入コストもだいぶ高いです。
30万円以上はかかります。


それでも、マイコン割引を考えると20年くらいで、導入コストは回収できると考えれば、先行投資みたいなもんです。


我が家の場合は、新築だったので思い切って導入コストは無視して、蓄熱暖房機を導入しました。
エコポイントがあったので、それと相殺したと考えればいいかなぁと^^

24時間暖房はグッドです!!



ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

蓄熱暖房機

我が家は寒冷地にあるので、冬の暖房のことを考えなければなりません。
それなりに暖房費はかかります。

将来的には太陽光発電をしたいと思っているので、オール電化は必須だなと考えたとき、暖房がエアコンでは心もとない。
そこで、蓄熱暖房機の導入を検討しました。

仕組みは、夜間の安い電力でレンガをあっため熱を蓄え、それを日中に放出するという仕組みです。
単純な仕組みなので、壊れにくいと説明されています。

何より魅力的なのは24時間暖房だということです。
朝起きても暖かい、どこか出かけて帰ってきても暖かい。
これは本当にいいです。
昼間家に人がいる家庭にはお勧めです。



ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

表札とポスト

サイディングが終了すれば、ほぼ引き渡せる状態になります。
ハウスメーカなどは、通常カーテンや照明は価格に含まれないことが多いですが、今回の販売会社のセリタホームズ(芹田不動産)には、そういうものは価格に全て含まれいることは確認してあります。
なので、もう何も用意するものは無く、今生活しているアパートから荷物さえ運び込めば生活を始められるというわけです。
私もそう思ってのんきに構えていました。

しかし、表札・郵便ポストだけは自分で用意しなければならないことを思い出しました。
アパート時代にはあまり意識していなかったので・・・

ということで、急よ表札と郵便ポストを検討し始めました。
サイディングとの相性を考えながらの検討です。

ショールームにいったのですが、表札等の値段は、結構高い。
ポストも同様で、しかもあまり壁付けタイプはありませんでした。
外溝で作った門扉に取り付けるようなタイプが多かったですね。
ショールームの担当者も、ショールームで手配されるより、自分でホームセンターなりにいって用意されたほうがいいですよって。
そんなこともあるんですね。

ホームセンターにはいったけど、あんまりめぼしい物はなかったので、ネットで探すことに。

我が家は結局これにしました。
ちょっとゴツイですが、A4の封筒やエクスプレスバックでも折り曲げずに入るので、なかなか良いですよ。
作りもしっかりしている気がします。
安物には見えないのでグッドです。
このお店は安い上に、レビューを書くとクオカードがもらえるので、このお店で購入しました。



表札はこちら。
これは嫁がフクロウが気に入ったので購入。
最近の表札は透明なガラス表札が流行みたいですが、年齢を重ねたときのことを考えると、どうかなぁ~ってのもあって、これなら今でもいけてるし、年をとってからでもいいなぁと思ってこれにしました。




ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

サイディング決定

メインのサイディングはこれにしました。
メイン

アクセントには、前々回のブログの写真の一番左のものをアクセントに決定しました。

そして、これがサイディングの工事中の写真です。

サリデング工事中


金具を使用して空気が通る道をちゃんと確保してあるようです。


ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

災い転じて福となす?!

せっかく決めたサイディングをひっくり返されたので、またカタログとにらっめっこ。
それとともに、セリタホームズ(芹田不動産)が新たに立てている物件があったので、何か参考になればなぁと思い、現場見学会会場へ足を運びました。

その中の1つの住宅に、震災の影響で生産休止となっていると聞かされていたサイディングを発見!
似てるだけかもしれないが、もしかしたら・・・と思い、ショールームへ連絡を入れる。

すると、震災の影響で生産休止となっていたものの一部の製品が製造を再開したとの情報をゲットしました^^

さっそく、今までは震災の影響でダメだといわれていたものについて、製造が再開されているものを確認し、当初希望していたものが、製造再開されているとのこと。

これで、ベースとなるもののサイディングは決まりました。
一応、ショールームへサンプルの取り寄せをお願いしておきました。

あとは、アクセントをどれにするかですね。


ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

事件発生

迷いに迷ったサイディングですが、前回のブログの写真の左から3番目のものをベースとして、ベランダと玄関の一部をアクセントで、右から2番目のものにすることに決めました

これに決めるのに約2週間くらいかかってしまいました

いやぁ~これでようやく決めるものは決めたなぁと思っていたので、ほっとしていたのですが・・・

事件発生!!

担当者から電話があり、アクセントに使おうと思っていたサイディングが、北隣の家でも同じものを使っているので止めて欲しいとの連絡が

オプションになるサイディングだったので、隣の家の人は、あまり他では使われないであろうと考えて、他では使わないという条件で、そのサイディングに決めたということらしい。

って、そんなこと知らないし・・・それに、そんな勝手が許されるの
って思ったけど、隣になる家だし、トラブルは避けたいから、しぶしぶ諦めました

候補に挙がっていることは担当者も分かっていたのに、それならその時に言って欲しかった
いまさら駄目なんていわれても・・・・やっと2週間もかけて悩んだ末に決めたのに
サイディングについては、またスタートラインに戻ってしまいました



ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

サイディング

外観の印象を決めるサイディングの選択には非常に困りました。
最後の最後まで悩み続けました
というのも、サイディングの見本は、小さいので全体をイメージするのが難しいんです。
太陽の光の感じでもかなり印象が変わります。
朝頃・昼頃・夕方では、かなり印象が変わるので、それがまた悩ましいです。
また、震災絡みで一部欠品(製造休止)になっている商品もあり、かなり悩みました。

候補に挙がったのは、これです。

サイディング候補1

日陰に行くとこんな感じに見えます。ちょっとイメージ変わりませんか??

サイディング日陰



ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売

断熱材

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

さて、断熱材充填後の写真です。

断熱材

天井の断熱材は防音のために入れてあるものだそうです。
ですから、断熱とは関係ありません。

断熱材充填は大工さんにとっては退屈で地味な作業らしいです。
だから、断熱材施工の重要さがわかっていない大工さんも多く、施工もいい加減なことも多いので、注意が必要です。

実際、我が家についての施工も確認したところ、下の写真のように上のほうにけっこう隙間がありました。

隙間



見えた部分については指摘し、しっかりと充填してもらうようにお願いしましたが、既にボードが張られてしまい見ることができなかった部分についてはどうすることもできず・・・・・・不安が残ります。。。
というより、きっと隙間は結構あっただろうなぁと思いますww
断熱がしっかりされていないと、結露の原因になったり、冷暖房効率が下がるので、本当は一番しっかりやって欲しかったんですけど・・・この部分は本当に残念です。悔いが残ってますww
断熱材の量がかなり良かったので、セリタホームズ(芹田不動産)に決めたってとこもあるので。。。


断熱材の充填作業をやるときには、やり終わったらボードを張る前に連絡をくださいと業者にお願いするなどして、作業結果をしっかりと確認すればよかったなぁと思いました。
これから建築される方は、そんなことも少し頭に入れておいてもらうといいかもしれません。


☆皆さんにとって今年1年が素晴らしい1年になりますように☆


ランキングに参加しています。
ご協力をお願いします。

にほんブログ村
セリタホームズ(芹田不動産)建売
スポンサー
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
プロフィール

サンライズキセキ

Author:サンライズキセキ
建売で家を建てたものです。
管理人に連絡されたい方はこちらまで。
kayokanakayo@yahoo.co.jp

最新トラックバック
私の住宅購入体験記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR